いちばん直さないといけないのは時間の使い方。

「フランス人の男女はいくつになっても色気がある」。日本ではこうした主旨の記事を読むことが少なくない。実際、日本人からすると、フランス人はいくつになっても「枯れる」ことなく、人生を謳歌しているように見える。

最近は、割に合わない管理職を目指さず、家庭を大事にする男性も増えています。授業参観や入学式にくるお父さんも増えています。働く人が年々入れ替わり、だんだんと悪しき慣習がなくなっていくといいなぁ。
ことごとく同感だな。仕事は人生の一部。もちろんしたいときは気のすむまでやるけどね。こんなに日本人を心配してくれてありがとう。その通り、と言いたい。日本もちょっとずつ変わってきてると思う。まずは会社の上層部の価値観からかえてもらいたい。
好き好んで仕事漬けになってる人がどれだけいるのかね?確かにプライベートを一番大事にしたいけど、それを貫くと評価ぎ下がり、最悪クビになるのが今の日本社会。でも、それが人の目を気にしてるってことなのかな。部下は早く上司帰ってくれないかな、と。上司は早く部下帰ってくれないかな、と。本音をさらっと出して爽やかに帰る人になりたいですよね。でも、その分、就業時間内は鬼集中!
フランスは何度か行ったが、、、資源無い島国とは、違うわな、人の感覚も意識も、、、日本人は休日を取るのが下手←ブラック企業に勤めていたので残業、休日出勤は当たり前、有給なんて1日も使えませんでした。社畜には到底理解できないでしょうね