小学校の女性教員のAさん(40代)は、気を引き締める。

子どもたちをのびのび育てたい。そんな目標を掲げる教員が、忙しさに追われている。業務効率化とはほど遠い現場で、何が起きているのか。【BuzzFeed Japan / 小林明子】【特集】セクシュアル・マイノリティがそばにいるのは、あたりまえ。

サラリーマンを、敢えて通俗の理解として「サラリーマン教師」で充分ですよでも、多くの教職員は、それさえも無理でしょうが 。 。 。 
定時で帰れる代名詞みたいに言われるけどサラリーマンだって大変なんですよ。教師がダメって言うより彼らをめぐる環境が変わったんだよな。閉鎖された中でその環境に適応できない教育委員会はじめ教育現場にも問題はある。
ここ10年でも大きく変わってきたけど、授業の仕方、方法、事務作業、部活といろいろな仕事に追われている。1年ごとに、ちょっとずつ仕事が増えている感じ。しかも余計なIT化でかえって面倒な作業が増える始末。昔だったら、スルーでよかったことも、教員で情報共有、保護者連絡、管理職連絡、事後指導、書類の作成等、非常に業務が増えている。しかし、その業務が増えても、仕事担う人間の数は変わらない。お役所と違って 今の時代の教師はほんま大変や。 モンペの親が一番やっかいやろうしな。。
かつてみたいに教員に絶対的な権威がある時代ならともかく、時代や世論がそれを許さなくなってしまった以上やむ得ない。そしてそれは地域社会、親にも応分の役割分担が回ってくることを意味する。昨今のPTAの問題や共働きが進んでいるのを見ると極めて難しい難題であることは間違えない。