だから『毎日かあさん』も終わり」と話している。

 マンガ家の西原理恵子さんが毎日新聞で連載中の人気マンガ「毎日かあさん」が、6月26日付の同紙をもって16年にわたる連載を終了することが22日、明らかになった。同作は通算723回での終了となる。西原さんは、連載開始時に4歳だった息子が今春、大学に入学し、娘が16歳になったことで「このあたりで『卒母(そつはは)』して、新しいマンガを始めたい」と決意を固めたという。

16年間もの連載お疲れ様でした。>「すごいさみしいけれど、もう子どもに干渉しちゃいけないんだろう。」無理やり継続も出来たろうけど下のお嬢さんももう16歳なら私生活を漫画で公表されることにも抵抗もあったでしょう。母親が自分の人生を楽しんで輝く方が過干渉になるよりずっとお子さんの自立のためにも良いと思うので英断だと思う。作品を読んでいて思う、この人の『人生』に対しての姿勢は、参考になるし励まされるし、ちょっと叱られた様な気にもなる。ありがたいと思ってますよ、りえぞお先生。次の連載も楽しみ
「女性にとって一番楽しい時期なんです。」励まされる女性は多いと思う。お母さんはたくましい!文字通り、世間のお母さんは毎日お母さんで休みがないからエライと思う。ウチらサラリーマンは土日休みですから。
綺麗事だけじゃない子育てがそんな事もあるよねって笑えたし、泣けた。お母さんご卒業おめでとうございます。
連載の毎日かあさんも、実際の毎日のかあさんもひとまずおつかれさまでした。子が巣立ってもかあさんはかあさんだし、次回作への意欲もあられるので今後も西原さんらしい生き方と描き方を見せてくれることを読者として期待します。

 こう語るのは東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長で、東京大学大学院医学系研究科・医学部救急医学分野教授の矢作直樹医師(57歳)だ。

 生きていれば、必ず死の瞬間はやってくる。だが、その先のことは誰にも分からない。死んだらそれで終わりなのか、それとも――。生と死が交錯する臨床の現場で、医師が体感した「命の神秘」。 私が勤務する東大病院では、年間3000人もの患者が集中治療室で治療を受けています。

人間の死亡率は100%辛いけど生きてる間は笑ったもん勝ちなんだなぁ。珍しく読み入ってしまったぜいくら科学が発達したって、人間が解明できないことはいくらだってある。魂の存在はあると、私は思います。
イタコや霊能者が語るとインチキ臭くなる話が東大の先生が語ると信憑性があります。私は死ぬことより生きているほうが怖いです。長年、生と死の境界線を目撃されて来た方だからこそ至れる境地かと思いますが、現役の間は救命に尽くされますようお願い致します。
確かアメリカの有名な脳外科医にも死後の世界を肯定される方がいたと記憶しています。その外科医は自らが脳死(?)、臨死状態を数日経験して回復するのですが、その経験前は臨死経験をした患者が見る景色は脳内の酸素不足等による幻覚とされ科学的に説明がつくと思っていたようですが、自らが臨死状態の間に経験(見た)した事が科学・医学的には説明不可能で、その経験以降一気に死後の世界肯定派となったとの事で本まで執筆されていたと思います。実際自分の身に降りかかるまでは分からない事だらけですが、いつかこういった事も科学的に証明される世の中になるのかもしれません。自分の親も含め、話が聞きたい亡くなった人が沢山います。でももし日頃の生活を見られていたら怒られそうで、怖いです。(笑)

 いちばん直さないといけないのは時間の使い方。

「フランス人の男女はいくつになっても色気がある」。日本ではこうした主旨の記事を読むことが少なくない。実際、日本人からすると、フランス人はいくつになっても「枯れる」ことなく、人生を謳歌しているように見える。

最近は、割に合わない管理職を目指さず、家庭を大事にする男性も増えています。授業参観や入学式にくるお父さんも増えています。働く人が年々入れ替わり、だんだんと悪しき慣習がなくなっていくといいなぁ。
ことごとく同感だな。仕事は人生の一部。もちろんしたいときは気のすむまでやるけどね。こんなに日本人を心配してくれてありがとう。その通り、と言いたい。日本もちょっとずつ変わってきてると思う。まずは会社の上層部の価値観からかえてもらいたい。
好き好んで仕事漬けになってる人がどれだけいるのかね?確かにプライベートを一番大事にしたいけど、それを貫くと評価ぎ下がり、最悪クビになるのが今の日本社会。でも、それが人の目を気にしてるってことなのかな。部下は早く上司帰ってくれないかな、と。上司は早く部下帰ってくれないかな、と。本音をさらっと出して爽やかに帰る人になりたいですよね。でも、その分、就業時間内は鬼集中!
フランスは何度か行ったが、、、資源無い島国とは、違うわな、人の感覚も意識も、、、日本人は休日を取るのが下手←ブラック企業に勤めていたので残業、休日出勤は当たり前、有給なんて1日も使えませんでした。社畜には到底理解できないでしょうね

● 前政権批判に終始し 見えない具体的政策

● 文在寅氏を支持したのは 格差に不満を抱く若い人々 5月9日、朴槿恵前大統領の弾劾を受けた韓国大統領選挙が行われ、革新系の「共に民主党」文在寅(ムン・ジェイン)氏が41.08%の得票で当選した。保守系「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)氏24.03%は、中道系「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)氏21.41%を抜いて2位となった。

知れば知るほど、考えれば考えるほど、不愉快な国、それが韓国。日本人の唯一の希望は断交あるのみ。もっと毅然と、厳しく韓国に接してほしい。今までの対応は甘すぎた!
日本政府は慰安婦問題、経済協力などしなくて宜しい。ジリ貧の南など助けてはならない。ばかな反日国家とは国交断絶せねば。日本国民として切に願う。
八方美人やろうとして八方塞がり、四面楚歌におちいるのが目に見えている。日本が気を付けなくてはならないのは、慰安婦合意を守ります、だからSWAPを結んでと言ってくることです。結んだ後に、また「慰安婦がー」とやらかすに決まっているからです。嘘吐きは半島人の始まりと思っていなくては駄目です。南も北も同じです!なんだか 最初にでかい話をする人は信用ならない!勢いで為された政権交代は、絶対に上手くいかない事を日本は経験した。残るのは失望だけ。韓国も同じ経験をする事だろう。
韓国歴代大統領の船出の最後には派手に沈没するのが半ばお約束のようになっている。文の場合も同じだろう。長年の二重帳簿で経済立て直しはほぼ不可能らしいし、わざと失敗してデフォルトでもして、中国様を後見人に共産化したほうが、文さんの本意に近いんじゃないだろうか。

・5月3日(水)10時40分ごろ 九州道 下り 鳥栖JCT付近 41.0km 交通集中

 国土交通省およびNEXCO3社と本四高速の各社は2017年5月8日(月)、同年ゴールデンウィーク期間中における、全国の道路交通状況に関する速報を発表しました。【図】2017年GW期間における高速道路区間の交通動向 これによると、4月28日(金)から5月7日(日)にかけての10日間において、交通量は昨年比約8%の増加、10km以上の渋滞回数は355回で昨年比85回の増加だったそうです。

時間とガソリンのロスを延べにしたら相当の数字になるだろうな・・・この渋滞の中で、渋滞イライラから何人が車内でケンカになったのだろうね。同じに休んで何が楽しいんだろ?
金曜日に渋滞するとか旅行者の心理状態が手に取るように分かるね。関ヶ原で渋滞ということは、それを越えてもすぐに宝塚の渋滞に巻き込まれたわけだ・・・おそろしいお腹痛くなったらどうするん!明石海峡大橋があんなに混むとは思わなかった。
10年前までよく名神一宮IC〜米原JCTを走っていたけれど、一度も渋滞に引っかかったことはなかったのにすごいね…トイレ我慢との戦い。正念場を迎えた人多数。
車の運転が簡単になる→下手くそなドライバーが増える→高速でブレーキを踏む→後続車も踏む→渋滞車の中でTVやDVD見る奴も理解できん。信号が青になっても画面に集中し過ぎてすぐ発進しない奴が多過ぎる。特にサンデードライバー。車に乗っているときぐらい運転に集中して欲しい。危ないです。今時、関ヶ原で大渋滞って珍しい気もする。鈴鹿、四日市の渋滞がタチ悪いもんな5連休だからか、久しぶりに長距離の渋滞だった気がする。環境云々言ってる環境ビジネスマンは何かこれに対して言わないのか?

小学校の女性教員のAさん(40代)は、気を引き締める。

子どもたちをのびのび育てたい。そんな目標を掲げる教員が、忙しさに追われている。業務効率化とはほど遠い現場で、何が起きているのか。【BuzzFeed Japan / 小林明子】【特集】セクシュアル・マイノリティがそばにいるのは、あたりまえ。

サラリーマンを、敢えて通俗の理解として「サラリーマン教師」で充分ですよでも、多くの教職員は、それさえも無理でしょうが 。 。 。 
定時で帰れる代名詞みたいに言われるけどサラリーマンだって大変なんですよ。教師がダメって言うより彼らをめぐる環境が変わったんだよな。閉鎖された中でその環境に適応できない教育委員会はじめ教育現場にも問題はある。
ここ10年でも大きく変わってきたけど、授業の仕方、方法、事務作業、部活といろいろな仕事に追われている。1年ごとに、ちょっとずつ仕事が増えている感じ。しかも余計なIT化でかえって面倒な作業が増える始末。昔だったら、スルーでよかったことも、教員で情報共有、保護者連絡、管理職連絡、事後指導、書類の作成等、非常に業務が増えている。しかし、その業務が増えても、仕事担う人間の数は変わらない。お役所と違って 今の時代の教師はほんま大変や。 モンペの親が一番やっかいやろうしな。。
かつてみたいに教員に絶対的な権威がある時代ならともかく、時代や世論がそれを許さなくなってしまった以上やむ得ない。そしてそれは地域社会、親にも応分の役割分担が回ってくることを意味する。昨今のPTAの問題や共働きが進んでいるのを見ると極めて難しい難題であることは間違えない。

 超党派の国会議員らでつくる新憲法制定議員同盟(会長・中曽根康弘元首相)は1日、東京都内の憲政記念館で会合を開いた。

 超党派の国会議員らでつくる新憲法制定議員同盟(会長・中曽根康弘元首相)は1日、東京都内の憲政記念館で会合を開いた。 安倍晋三首相は憲法改正について「機は熟した。求められているのは具体的な提案で、改憲か護憲かといった不毛な議論から卒業しなければならない」と意欲を示した。

まず国旗を日の丸 国歌を君が代と明示することからですね。機が熟したというか、きっかけですね。江戸幕府方から見ると、テロリストの単なる末裔が、何か悪巧みしている様にしか見えない。
正々堂々と必要性を訴えて、本丸(9条第2項)からお願いします。で?何条をやる気?で、何条をやる気なんだ~国民的議論って盛り上がりましたっけ?確か基本的人権なんて無かったですよね?国民主権なんてとんでもでしたっけ?で、任命責任はどうなった?ことばだけでなく行動を
金晋三のやろうとする改憲など、国民は望んじゃいない。プーチン、エルドアンのような国にしたいと言う下心が気に食わない。みんなわかっていて改憲賛成はむしろ減ってきている。北と事が起こるのを待ち望んでるんだよな。
そんな事よりも身内の問題と北の問題を解決しないと・・・安倍総理の下での憲法改正は絶対嫌です。今重要なのは、”何を”ではなく”誰が”という事だと思う。嘘と騙しと隠ぺいのみのぺてん師でんでん
改憲する事自体が目的に聞こえる。何をどのように変えるべきと考えているのかを、もっと論理的に説明して欲しい。で、かみさんいつまで逃げてんの?人権がないがしろにされる危険性がある改憲反対